スラックスで足を長く見せる

スリムなスラックスを選ぶ

足を長く見せたい。そのためには見る人の印象を変えればよいのです。一番簡単なのはスリムなスラックスを選ぶことです。横の幅を狭くすると、人の目には縦に長く見えるからです。

大手紳士服チェーンなどメンズファッション業界ではほとんどの所で、スタイリッシュパンツという細めのスラックスを取り扱っています。サイズ感のあったものを選びましょう。いくら細いものがいいといっても、太ももやおしりがピチピチでは逆効果になってしまいます。太もも部分の生地をつまめる程度のゆとりがあれば丁度よく、足もシュッと長く細く見えます。

スラックスの色はダークな色の方がより引きしまって見えます。黒やネイビー、ダークグレーなどがおすすめです。目立たない程度のストライプ模様だとさりげなくオシャレですし、更に目線を縦に流す効果もあって足を長く見せます。

足が見える面積を増やす

ジャケットの丈を短くすると、その分スラックスが見えるので足長効果が上がります。手を下ろして親指のつけ根くらいにジャケットの丈が触るような長さがおすすめです。

スラックスの股上は浅すぎないものの方が良いです。ウエストの位置がより上に見えるからです。カジュアルパンツにみられるような、腰ではくパンツよりは上の位置ではいた方が効果的です。股上は深すぎると股下の生地が余って胴長に見えてしまうので注意しましょう。

最後にスラックスの丈の長さです。丈は短すぎず長すぎず、靴の上で余らせない方がスラッと見えます。靴の甲にあたって、裾にゆるい折り目が一つできる「ワンクッション」という丈がおすすめです。

洋服選びでスタイルの印象は大分変わります。理想のスタイルに近付けることで自信がついたり洋服選びが楽しくなったりするのではないでしょうか。